【高3生対象】長文読解講座について | 多摩センターの塾アルバイトなら成績アップゼミ!

多摩センターの塾アルバイトなら成績アップゼミ!

多摩センターの塾バイトをご希望の大学生は是非ご応募を!

成績アップゼミの授業紹介

【高3生対象】長文読解講座について

2016/09/15

shutterstock_439601149この記事では、成績アップゼミの【長文読解講座】について紹介します。

長文読解講座は現役でMARCH以上を目指す生徒が、長文の読み方の超基礎からMARCHレベルの文章を読めるまでのための講座となっています。

少人数制で、毎年最大8名までの募集となっています。生徒が少ない場合は、通塾している生徒のレベルが達さない場合は長文読解講座を開講しない年もあります。

 

長文読解講座の狙い

中堅都立高校の生徒を指導した経験がある先生であれば、おわかりになるかと思います。

高校3年生の現役生はビックリするほど長文を「読めません。」その理由は、そもそも受験レベルの英単語が覚えきれていない、基礎文法が身についていない、構文がわかっていない。ということがあります。

私立の進学校と違って、日々の学校の授業やテストでの強制力が希薄のため基礎が身につかない状態で高校3年生になってします。

長文読解講座では、そんな基礎が身についていない生徒を対象に基礎から読み方を教えていく講座です。

予備校とは違う、塾ならではのメリットを活かし、毎週小テストや単語テストを実施します。訳もただ講師が教えるだけではなく、生徒達にあてて訳させます。これらは塾ならではの強みですね。

過去には偏差値40→63までアップした生徒もいるほどの授業内容となっています。

 

長文読解講座の内容

使用テキスト

・基礎英文解釈の技術100

・ハイパートレーニング超基礎編、センターレベル編、難関編

 

【授業の流れ】

○15分 単語テスト&訳テスト

最初の15分間は小テストを実施します。単語テストは塾長オリジナルの50ページにわたる頻出英単語&語彙です。毎週3ページずつテストを実施します。

訳のテストは前の週に学習した内容から3題出題します。この訳テストがあることによって、生徒達は復習をしなければいけない状況になります。

 

○10分 口頭での単語テスト

授業で出てきた英単語はすべて、紙にまとめて配付しています。英文で出てきた英単語を覚えることが語彙力アップの近道です。前の週と前の前の週に出てきた英単語もテストをします。

つまり、3週間分の英単語を毎週、口頭でテストを実施するのです。生徒達は1人ずつ当てられますので、覚えてこないと・・・というわけです。

 

○35分 基礎英文解釈の技術100を3題

生徒達は毎週消え英文解釈の技術100を3題ずつ宿題として訳してきます。1行1行丁寧に訳してくる宿題ですので、かなり時間はかかると思います。

授業内では文構造から直訳、意訳など詳しく細かく指導をします。生徒達は翌週にテストに出るかもしれないので、真剣に聞いてくれます。

 

○50分 ハイパートレーニングを1題(超基礎編は2題)

次はハイパートレーニングを1題訳します。こちらも同様に生徒たちは宿題で1行1行訳してきます。授業内で文構造から直訳、意訳をすべて指導します。
※2~3回途中で休憩アリ

 

特徴としては、生徒達が長文の文章を宿題で1行1行訳してくるということです。受験生の多くが長文の勉強をする時に、訳を照らし合わせるだけで勉強した気になってしまいます。

文法書や辞書と格闘して必死に訳す作業が血となり肉となるのです。

 

↓↓↓アルバイト講師の応募はコチラのバナーをクリック!↓↓↓

plan%ef%bc%91

-成績アップゼミの授業紹介
-